2022.06.18 【第16回浪漫祭】2日目です

6月18日(土)、【第16回浪漫祭】の2日目です。コロナ禍の中ではありますが、同居家族2名までに制限をするなど新型コロナ感染症予防対策に万全を期しながら、一般公開をいたしました。事前申請制で、590名の方から参観希望があり、当日、来校下さいました。たくさんのご家族が日立北高を訪れて下さり、各クラス・部のイベント会場・展示会場・キッチンカー等では大変な賑わいを見せていました。特にお化け屋敷系のクラス企画会場では長蛇の列が出来るほどの大盛況振りでした。

来場したお客様に話を伺ったところ、「日立北高生は生き生きと取り組んでいて、とても楽しそうでした。高校生から元気をもらいました。」とおっしゃっていました。また、他の方からは「お化け屋敷は入り口での動画のガイドやコース内のアップダウンや、怖がらせる仕掛けの工夫に感心ました。」「小学生の子どもを連れてきたが、生徒さんが小さい子に寄り添ってガイドして下さり、アトラクションを楽しむことができて、喜んでいた」との言葉も頂きました。浪漫祭は来場者の方に好評を博し、生徒企画を楽しんで頂いた様子で大変嬉しい限りです。

日立北高生が、浪漫祭を通してHostility:おもてなしの心を発揮し、日立北高の良さとともに、生徒自身が創造した【日立北高文化】を発信できたと思います。また、クラス企画だけでなく前夜祭・開祭式・後夜祭でのステージ発表や仮装などで、非日常体験を共有し、テーマ『Breakthrough―笑顔のその先へ―』にあるように、時には弾けながら古い自分の殻を”打ち砕いて”「Breakthrough」していくことができたのではないかと思います。さすが日北生。校長として誇りに思います。

2・3年生にとって最後の浪漫祭は,高校時代の良き思い出として,生徒の皆さんの心の中に一生刻まれたのではないかと思っています。生徒の皆さんにはこの体験を糧にして、各人が描く次の夢の実現に向けて、新たな出発をしていって欲しいと願っています。

とても良い雰囲気の中,3日間に渡る、浪漫祭が無事終了できたのも、沢山のことを計画的に積み重ねてきた生徒会・委員会の生徒や各担当の先生方の努力の賜だと思います。そして、地域や保護者の方々など多くの皆様のお力添えお蔭です。ご支援をいただいた皆様に心から御礼を申し上げます。有り難うございました。

カテゴリー: 北高風景, 学校行事, 校長所感 パーマリンク