2022.07.20 「同窓会:報奨金贈呈式」を行いました

7月20日(水)の放課後、「同窓会:報奨金贈呈式」が実施されました。この報奨金は、県大会で顕著な成績をあげた生徒や団体を顕彰し、その活動を奨励するために、関東大会や全国大会に出場する生徒や団体に対して、毎年同窓会から贈られているものです。今回、報奨金を授与されたのは科学部の圷海翼君、 森田丈君、美術部の鬼澤夏波さん、山岳部の佐々木悠真君、古茂田翔琉君、佐藤珠生君、浅野琢磨君の計7名。

最初に各部の顧問から部活動・生徒の実績の紹介がありました。その後、同窓会長:佐藤十王氏に代わって、校長が各部の代表者に報奨金を贈呈し、激励の言葉を送りました。それに対して各部の代表者がお礼の言葉と大会に向けての抱負を述べました。以下各部の実績を紹介します。

  • 科学部【澤畠博之教諭による紹介】科学部では「人工的に作ったイクラ(アルギン酸ゲル粒子)が、生き物でもないのに自ら動き出す(自己駆動運動)という」珍しい現象を発見し、数年前から研究していました。圷君と森田君は、その研究を受け継いで 、1年以上にわたり地道な実験を繰り返し、得られたデータを分析して、今まで確認されていなかった、新たな性質を多数発見しました。その成果をまとめた発表は、昨年の茨城県の研究会で高く評価され、優秀賞を受賞。今回、県の代表として『とうきょう総文祭2022』への出場に繋がりました。
  • 【伊藤芳昌教諭による紹介】昨秋、鬼澤さんが描いた、油彩画「トランペット吹きの休日」という作品は、金属表面での反射と輝きを巧みに描写。県美術展において好評を博し、優秀賞を受賞したことから、『とうきょう総文祭2022』への出場が決まりました。今回、総文祭には、新たに B 2判の大作を出品。校舎の屋上で金管楽器を演奏する女子高校生3人の姿が、青を基調とした空と影を背景にして、生き生きと描かれている作品です。タイトルは演奏の奏と書いて『奏(そう)』。総文祭の展示会場でも一際目を引くことでしょう。
  • 山岳部【原拓哉教諭による紹介】今年の春の関東大会茨城県予選・山岳競技大会において5位に入賞し、関東大会への出場が決まりました。部員達の強い意欲と日々の地道な練習・努力を継続したことが、入賞という成果に繋がったものと思います。関東大会は東京都神津島で開催される予定でしたが、コロナ禍のため残念ながら中止となってしまいました。今後も積極的に活動してまいります。

今回、同窓会から、報奨金をお贈り頂きまして誠に有難うございました。一万人を超える同窓会員の皆様から、部活動にこのようなご支援を頂けることは、生徒にとって大きな励みであり、生徒・教職員共々、大変心強く思っております。同窓会の皆様には、心より感謝申し上げる次第です。

カテゴリー: 北高風景, 校長所感, 部活動 | 2022.07.20 「同窓会:報奨金贈呈式」を行いました はコメントを受け付けていません

2022.07.14 野球応援1回戦【陰の功労者たち③④】

野球応援のために、目立たないところで力を尽くしていた【陰の功労者たち】第2弾をお届けします。

③■応援終了後のシートの拭き取り……勝利の興奮も冷めやらぬ試合終了直後、生徒会・応援団・チアリーダーの一部の生徒たちが、アルコールスプレーと布を使って、スタンドの座席シートの拭き取りを行なっていました。コロナ禍における約束事とはいえ、生徒たちが主体的に考え、そして、行動できたことは大変素晴らしいことです。そして、このような配慮ができる日立北高生がいることを、校長として誇らしく思います。

④■スティックバルーンで心を一つに……今回、声を出しての応援が禁じられています。そこで、全校生徒にスクールカラーである緑のスティックバルーンを配布し、手拍子の代わりに打ち鳴らすことにしました。実際のところ、スティックバルーンの音は、予想以上に(手拍子とは比較にならない程)大きく、甲高いものでした。吹奏楽部の演奏する曲”Rock You”などに合わせて、全校生徒が打ち鳴らすと、迫力のある音が球場全体に響き渡りました。それによって、日立北高生の心が一つになる時間を、共有することができました。応援において、一体感を醸成するうえで、バルーンが果たした役割は大きかったのではないかと思います。スティックバルーンを提案された生徒(?)先生方(?)、Good Ideaありがとうございました。

7/11は、野球応援が多くの【陰の功労者たち】に支えられていることを実感した一日でした。7/15の2回戦も皆で心を一つにして突破できることを期待しています。

カテゴリー: 北高風景, 学校行事, 校長所感 | 2022.07.14 野球応援1回戦【陰の功労者たち③④】 はコメントを受け付けていません

2022.07.14 野球応援1回戦【陰の功労者たち①②】

7/11の高校野球一回戦の応援では、応援団・チアリーダー・吹奏楽部のリード(指揮・誘導)があったお陰で、全校生徒がまとまった応援をすることができました。 間違いなく彼らは応援の立役者です。しかしながら、野球応援を円滑に行うために、見えないところで力を尽くしていた人たちもいました。 ここでは【陰の功労者たち】と言うべき人(もの)達を紹介したいと思います。

①■移動型ミストシャワー部隊の活躍……生徒会の役員が、給水タンクを背中に背負い、バッテリー駆動型の噴霧器を使って、スタンドの生徒達に、ミストシャワーを吹き付けて回りました。併せて「帽子の着用や、こまめな水分補給」を呼び掛ける看板を掲げ、熱中症の注意喚起をしながら一緒に回っていました。炎天下にいる生徒達にとって、ミストシャワーは一服の清涼剤となり、看板とともに熱中症予防に大きな効果を発揮したことと思います。生徒会の皆さんグッドアイディアでした。そしてお疲れ様でした。

②■臨時救護所の設営……スタンドの日陰のエリアにブルーシートをひいて、臨時の救護所(休憩場)を設営しました。体調を崩した人とって、涼しい場所で腰を下ろして水分補給が出来るのは、大変重要なことです。幸い重篤な熱中症者は出ませんでした。事前の注意喚起と当日のこのような配慮が大きく功を奏したと思います。 救護を担当下さった先生方、ありがとうございました。

カテゴリー: 北高風景, 学校行事, 校長所感 | 2022.07.14 野球応援1回戦【陰の功労者たち①②】 はコメントを受け付けていません

2022.07.11 夏の高校野球:1回戦は全校応援です

本日は夏の高校野球大会(第104回全国高等学校野球選手権茨城大会)の1回戦が、ひたちなか市民球場で行われました。対戦相手は勝田高校。コロナ禍のために制限されていた学校応援が、3年ぶりに解禁となった今年、本1回戦は、両校とも全校応援となりました。コロナの感染予防に加えて、猛暑下における熱中症の予防にも最大限の対策を行い、各係の先生や生徒が周到な準備をして、試合に臨みました。

文化祭後の短い準備期間でしたが、吹奏楽部が応援テーマソング演奏を、応援団・チアリーダーが振り付けを、生徒会役員がプラカードなどを、各々がしっかりと準備して本番に臨み、全校生徒による応援を指揮し、統制の取れた応援ができました。高野連の規定により、声を出して応援ができないことから、日立北高では吹奏楽部の演奏に合わせて、手拍子をするようにスティックバルーンを打ち鳴らして、全校応援を展開しました。

試合の方は、本校が序盤に大量6点をリードしたものの、中盤にじりじりと追い上げられ、4点を返されるという、予断のできない状況で後半戦に突入。後半、チャンスやピンチが幾度も訪れる緊迫した試合展開に、両校スタンドでは力のこもった応援合戦が展開されました。結果的に日立北高が粘り強さを発揮し、勝田高校の追撃を退け、7-4で勝利を収めました。

困難な状況を、皆で協力してしっかりと耐え抜き、多くのピンチを凌いで手にしたこの勝利は、大変意義のある勝利だと思います。スタンドで見守った多くの人々が、選手達の気持ちのこもったプレーに勇気と元気をもらいました。応援のまとめ役を果たした生徒会・応援団・チアガール・吹奏楽部と全校生徒との連携も見事でした。皆の応援を力に変えて期待に応えた野球部のチーム力も立派でした。まさに選手と生徒・職員・保護者がOne  Teamひとつになって勝ち取った勝利だと思います。

試合終了後、笑顔が輝く選手や応援を終えた清々しい生徒の姿を見て、今回の全校生徒による野球応援は「日立北高生としてのアイデンティティを確認し、誇りと自尊心を高める」貴重な機会になったのではないかと思われました。応援の準備に当たられた生徒や先生方・保護者の皆さん、本当に有難うございました 。

カテゴリー: 北高風景, 学校行事, 校長所感 | 2022.07.11 夏の高校野球:1回戦は全校応援です はコメントを受け付けていません

2022.06.25 梅雨の晴れ間の土曜日ですⅡ

1階に向かう階段の踊り場の窓から、中庭に群生する、満開の紫陽花(アジサイ)たちが目に入りました。梅雨の晴れ間の光を浴びて、青や水色・紫など上品な色合いと深緑とのコントラストが空に映えています。

江戸時代に来日したドイツ人医師シーボルトは、植物学にも造詣が深く、日本原産の植物:アジサイを愛し、最愛の妻の名前「お滝」から、紫陽花に「オタクサ」という学名をつけた話は有名です。

紫陽花の花を見ていると、「実直で、飾り気はないけれども、凛としていて、筋の通った人」お滝はそんな人物だったのではないか?と勝手に想像してしまいました。雨に打たれる紫陽花も風情がありますが、梅雨の晴れ間の紫陽花もまた、味わい深いものです。紫陽花が、固くなった心を解いてくれました。

カテゴリー: 未分類 | 2022.06.25 梅雨の晴れ間の土曜日ですⅡ はコメントを受け付けていません

2022.06.25 梅雨の晴れ間の土曜日ですⅠ

今日は梅雨の晴れ間の土曜日です。所用があって学校に来ています。土曜講座がある本日は、先生方や生徒も早朝から学校に来ています。

2階の廊下を歩いていると、8時前にも関わらず、廊下の机に向かって一心不乱に勉強している生徒の姿があちらこちらに見えました。学習室を覗いて見ると、こちらにもたくさんの生徒の姿が。『継続は力なり』と言う建学の精神は、今もしっかりと根付いているのですね。

地道な努力を続ける皆さん。Make haste slowly. 慌てず無理をせずに自分のペースで1歩ずつ歩んで行ってください。皆さんが蒔いた種は、きっと大きな大輪の花を咲かせることでしょう。

集中しているのを邪魔しないように 、静かに1階に降りて行きました。

カテゴリー: 未分類 | 2022.06.25 梅雨の晴れ間の土曜日ですⅠ はコメントを受け付けていません

2022.06.18 【第16回浪漫祭】2日目です

6月18日(土)、【第16回浪漫祭】の2日目です。コロナ禍の中ではありますが、同居家族2名までに制限をするなど新型コロナ感染症予防対策に万全を期しながら、一般公開をいたしました。事前申請制で、590名の方から参観希望があり、当日、来校下さいました。たくさんのご家族が日立北高を訪れて下さり、各クラス・部のイベント会場・展示会場・キッチンカー等では大変な賑わいを見せていました。特にお化け屋敷系のクラス企画会場では長蛇の列が出来るほどの大盛況振りでした。

来場したお客様に話を伺ったところ、「日立北高生は生き生きと取り組んでいて、とても楽しそうでした。高校生から元気をもらいました。」とおっしゃっていました。また、他の方からは「お化け屋敷は入り口での動画のガイドやコース内のアップダウンや、怖がらせる仕掛けの工夫に感心ました。」「小学生の子どもを連れてきたが、生徒さんが小さい子に寄り添ってガイドして下さり、アトラクションを楽しむことができて、喜んでいた」との言葉も頂きました。浪漫祭は来場者の方に好評を博し、生徒企画を楽しんで頂いた様子で大変嬉しい限りです。

日立北高生が、浪漫祭を通してHospitality:おもてなしの心を発揮し、日立北高の良さとともに、生徒自身が創造した【日立北高文化】を発信できたと思います。また、クラス企画だけでなく前夜祭・開祭式・後夜祭でのステージ発表や仮装などで、非日常体験を共有し、テーマ『Breakthrough―笑顔のその先へ―』にあるように、時には弾けながら古い自分の殻を”打ち砕いて”「Breakthrough」していくことができたのではないかと思います。さすが日北生。校長として誇りに思います。

2・3年生にとって最後の浪漫祭は,高校時代の良き思い出として,生徒の皆さんの心の中に一生刻まれたのではないかと思っています。生徒の皆さんにはこの体験を糧にして、各人が描く次の夢の実現に向けて、新たな出発をしていって欲しいと願っています。

とても良い雰囲気の中,3日間に渡る、浪漫祭が無事終了できたのも、沢山のことを計画的に積み重ねてきた生徒会・委員会の生徒や各担当の先生方の努力の賜だと思います。そして、地域や保護者の方々など多くの皆様のお力添えお蔭です。ご支援をいただいた皆様に心から御礼を申し上げます。有り難うございました。

カテゴリー: 北高風景, 学校行事, 校長所感 | 2022.06.18 【第16回浪漫祭】2日目です はコメントを受け付けていません

2022.06.08 薬物乱用防止教室【1学年】を実施しました

6月8日(水)の6限目、1学年生徒を対象に薬物乱用防止教室を実施しました。危険ドラッグなど薬物の危険性について正しく理解し、薬物乱用をしないよう規範意識の醸成を図ることを目的として、 例年実施しているものです。今年は3年ぶりに対面で実施することができました。講師として日本薬科大学教授の佐藤卓美先生をお招きし、以下のテーマでご講演を頂きました。

『クスリ始めますか?それとも人間続けますか?クスリやめますか?それとも人間やめますか?-薬学からみた薬物乱用-』

佐藤先生の講演では【○タバコ、酒が薬物使用につながる。○薬の作用と副作用は表裏一体。○薬は患者には有益、健常人には毒。○一度損傷を受けた脳は、再び元に戻らない。その害は一生ついてまわる。○薬物乱用は「こころ」と「からだ」に致命的な障害を与える。本人の身体を蝕み、未来をなくす。また、本人だけでなく家族も巻き込んでしまう。○「危険な場所には近づかない」、「逃げること」も勇気。薬物乱用の甘い誘いには「No!」と答える勇気、信頼できる人に相談する勇気が大切。】など、印象に残る言葉が沢山有りました。薬学の専門的知見に基づき具体的な根拠を示され、説得力があるものでした。 佐藤先生の講話を聞いて、生徒は、薬物乱用を「身近な問題」として捉え、「一度手を出すと、やめることが非常に困難となるその恐ろしさ」を痛感した様子が伺えました。

カテゴリー: 北高風景, 学年行事, 未分類 | 2022.06.08 薬物乱用防止教室【1学年】を実施しました はコメントを受け付けていません

2022.05.27 部活帰りに日立北高生がお手柄です

 嬉しいニュースです。5月27日、本校バドミントン部の茅原知良さん(3年)と荒川亮佑さん(2年)が、道に迷った高齢男性に寄り添い、保護したとして、日立警察署の遅沢隆夫署長から、感謝状を頂きました。

2人は4月23日午後1時ごろ、バドミントン部の部活帰りに、高齢男性(83)に声をかけられ、男性が「帰り道が分からない」などと話していたことから、男性の荷物を持ってあげ、男性が語る自宅の住所に向かって案内し、一緒に歩いて行ったそうです。 ところが、途中で男性が倒れてしまったため、これ以上歩くのは危険と判断し、機転を利かせて110番通報。水を飲ませて休ませるなどして男性の安全を確保し、警察が到着するまで付き添ったとのことです。

 わざわざ本校に来校し、2人に感謝状を贈呈下さった遅沢署長からは「大人でもなかなかできない対応。生涯の糧になると思う」とお褒めの言葉を頂きました。茅原さんは「元々、将来の夢が警察官」とのこと。頼りになる警察官を目指して夢を実現させてください。荒川さんは「男性が無事、家まで帰れて安心した。困った人がいたら、助けたり声をかけたりしたい」と感想を述べていました。心強い限りです。頼もしい生徒の姿を前にして、贈呈式に出席した蛭田教頭先生やバドミントン部顧問の櫻井教諭も目を細めていました。

日立北高生が、他者への思いやりや優しさなど、人として大切なことをしっかりと育み、他者のために行動を起こせたことを、校長として誇らしく思います。まさに日立北高Prideを具現化した行為だと思います。これからも地域の方々と連携し、地域とともに歩むことができる日立北高生であって欲しいと願っています。

カテゴリー: 北高風景, 未分類, 校長所感 | 2022.05.27 部活帰りに日立北高生がお手柄です はコメントを受け付けていません

2022.4.6 午後は入学式の準備です

入学式前日の4月6日(水)の午後、校内を回ってみました。

体育館では、先生方が入学式に向けた会場作成に余念がありませんでした。入念な準備、有り難うございます。コロナ対策のための手指消毒エリアのテーブル上にも、お祝いの花籠が添えられていました。さりげない気遣いに感心です。

校長の前任校である小瀬高校の『花生け』の活動を支援している、JA常陸奥久慈枝物部会の石川幸太郎様から、転任の記念に頂いた山桜の枝も、日立北高の先生方によってしっかりと生けられ、凜とした風情で会場に春を届けてくれていました。

 

放課後、1年生の各教室を覗いてみると何やら作業をしている模様。上級生(2年生?)達が教室の背面黒板に、新入生を歓迎する黒板アートを作成していたのでした。よく見ると、1組~6組まで全クラスの背面黒板に、桜の花吹雪や思い思いのアニメキャラクターなどが描かれ、「入学おめでとう」「Congratulations!」「日北へようこそ!」「出会うために生まれた」などの素敵なメッセージも添えられています。上級生の心のこもったお祝いアートは、きっと、励ましのエールとなって、新入生にしっかりと伝わることでしょう。

【新入生歓迎の黒板アート】は、日立北高の伝統行事になっているのかな。心優しい上級生の皆さん、有り難うございました。

カテゴリー: 未分類 | 2022.4.6 午後は入学式の準備です はコメントを受け付けていません