2019.12.18 進路セミナー

2019.12.18 第2学 / 第1学年 進路セミナー
本日午後,6時間目に第2学年,7時間目に第1学年が進路セミナーを実施しました。
ベネッセより講師をお招きし,11月の模試の結果を振り返り,反省点と課題を明らかにし,今後の学習への取り組みに資することを目的として行われました。生徒の皆さんには,自分自身の現状を分析し振り返ることで,学習意欲を高めこの時期にすべきステップに進むことを期待しております。

   

カテゴリー: 学年行事, 進路 | 2019.12.18 進路セミナー はコメントを受け付けていません。

2019.12.11 修学旅行第4日

2019.12.11 修学旅行第4日
修学旅行もいよいよ最終日です。朝から小雨の天気となりました。平和祈念公園を訪れ平和学習をした後,成田空港へ向けて出発し,成田からバスで全員無事帰着しました。

 

(平和祈念公園 平和の礎・資料館見学  = 那覇空港  ✈ 成田空港 = 十王駅・学校)
3泊4日の旅行を終えて,生徒の皆さんが,平和の尊さと思い出をしっかりと心に刻み,保護者の皆様への感謝の気持ちを胸に,少し成長した姿で家路についたことは,ここに記すまでもありません。 修学旅行への参加に,ご支援とご協力をいただいた保護者の皆様に改めて厚くお礼申し上げます。
訪れるたびに新たな発見と感動があるのが沖縄だと言われております。生徒の皆さんにも,近い将来再訪して新たな経験をされることをおすすめします。
にふぇーでーびる 沖縄

カテゴリー: 学年行事, 学校行事 | 2019.12.11 修学旅行第4日 はコメントを受け付けていません。

2019.12.10 修学旅行第3日

2019.12.10 修学旅行第3日
本日,修学旅行三日目です。今日も天候に恵まれ,修学旅行のもう一つの柱である探究活動を実施しました。 事前学習で班別にテーマと課題を決めて,そのテーマについて取材や調査,インタビュー等を行い,結果と考察をその日のうちにまとめて発表するというタイトなスケジュールでした。取材先に事前にアポイントメントを自分たちでとるなどしっかりと準備をしていることが求められる活動です。

     

お忙しい中,取材にご協力いただき,ご指導いただいた関係機関,事業所等の皆様のご厚情に心より感謝申し上げます。また,当日,まとめと発表のご指導をいただいた教育学部の大学生の皆様に厚くお礼申し上げます。

カテゴリー: 学年行事, 学校行事 | 2019.12.10 修学旅行第3日 はコメントを受け付けていません。

2019.12.9 修学旅行第2日

2019.12.9  沖縄修学旅行第2日
本日,修学旅行二日目です。気象・海象条件ともに良好で,平和学習,クラス別研修と美ら海水族館見学を中心に研修をしました。

            

(ひめゆり平和祈念資料館平和学習,ヌマチガマ平和学習,クラス別体験学習,美ら海水族館)

カテゴリー: 学年行事, 学校行事 | 2019.12.9 修学旅行第2日 はコメントを受け付けていません。

2019.12.8 修学旅行第1日

2019.12.8 沖縄修学旅行第1日 
本日,日立北高校として,初めての修学旅行に2年生が出発しました。前年度までのスキー共同宿泊学習を,平和学習と探究学習を柱とする沖縄修学旅行に変更しての実施となりました。
第1日の日程は,天候に恵まれ予定どおり実施することができました。

     

(羽田空港 ✈ 那覇空港 = 首里城公園・守礼の門 =ホテル)

 

カテゴリー: 学年行事, 学校行事 | 2019.12.8 修学旅行第1日 はコメントを受け付けていません。

2019.11.27 第2回茨城大学工学部インターンシップ

    2019.11.27 第2回茨城大学工学部インターンシップ
本日,本年度2回目の茨城大学工学部インターンシップを実施しました。これは,学部としてほぼすべての分野をカバーし,先端的な研究機関との連携や企業と連携した研究と教育を誇る茨城大学工学部のご協力をいただき実施しているものです。
本校の工学系分野に進学を希望する生徒が,日立キャンパスを訪問し,各学科の研究室の先生方から直接,学科の特色や研究内容についてガイダンスをいただきました。今回,1,2生の希望者を対象に実施し56名の生徒が参加しました。ちなみに第1回は2,3年生の工学系希望者を対象に7月3日に行われ,39名が参加しました。参加した生徒は皆,自分の興味・関心のある分野について,研究室の先生方から直接ご指導いただき,自分の進路について理解を深めるとともに,私たちの暮らしを創る工学の魅力を改めて感じることができたと感想をのべています。
ご多用にもかかわらず,学校では学べない貴重な機会を与えていただいた茨城大学工学部の先生方ならびに研究室の皆様に改めて深く感謝申し上げますます。

      

カテゴリー: 学校行事, 進路 | 2019.11.27 第2回茨城大学工学部インターンシップ はコメントを受け付けていません。

2019.11.20 学校公開

2019.11.20  学校公開
本日,「いばらき教育月間」に係る事業として,学校公開を実施しました。当日は,授業公開と進路講演会の二部で構成され,保護者の方を中心にご来校いただきました。

                       
進路講演会では,元東京大学野球部監督で,現在は同部スカウト部長を務める浜田 一志 氏を講師にお招きし,「文武両道のススメ」という演題でご講演いただきました。浜田 氏は,土佐高校から東京大学に進学し,野球部で活動してきたご自身の経験から,部活動をやっている生徒を支援する学習塾を経営したり,数学の教育ソフトを制作するなど多方面で活躍されております。
多様性の中で努力するという部活動の意義やデータ分析に基づいた学習に関する貴重なアドバイスに大いに鼓舞された生徒も多かったのではないかと思います。また,保護者の方からは,「中学一年生くらいの時に,今日の講演を聞きたかった。」という感想も寄せられるなどたいへん有意義な講演会でした。

   

カテゴリー: 学校行事, 進路 | 2019.11.20 学校公開 はコメントを受け付けていません。

2019.11.19 校内献血を実施しました

2019.11.19 校内献血を実施しました
本日,日立きららライオンズクラブ様のご協力のもと日本赤十字社茨城支部の職員の皆様にご来校いただき移動献血バスによる献血を実施しました。 実施前には,献血の意味や活用についてのお話を伺い,クイズにも参加し献血事業について理解を深めました。
一年で特に血液が不足する時期が冬から春にかけてだと言われています。寒いので献血のために外出する人が減ったり,風をひいて体調を崩す人が増えることなどが理由です。また,血液は長期保存ができないということも献血者が減少する時期ではなおさらです。
身近な社会貢献にご協力いただいた生徒の皆さん,職員の皆さんありがとうございました。

      

 

カテゴリー: 未分類 | 2019.11.19 校内献血を実施しました はコメントを受け付けていません。

2019.11.1~29 アートフェスティバル

2019.11.1~29  アートフェスティバル開催
今年も芸術の秋を迎え,11月1日~29日に日立北高恒例のアートフェスティバルが開催されました。美術部,美術選択,書道部の生徒が,2階連絡通路に作品を展示し,日頃の活動成果を発表しました。また,吹奏楽部は,11月7日の昼休みに体育館でオータムコンサートを行いました。自然の色が最も鮮やかに映えるこの季節に,芸術をより身近に感じることができたのではないでしょうか。

         

 

カテゴリー: 学校行事, 部活動 | 2019.11.1~29 アートフェスティバル はコメントを受け付けていません。

2019.11.4 筑波大学高大連携シンポジウム2019

2019.11.4 筑波大学高大連携シンポジウム2019
本日,筑波大学で開催された「筑波大学高大連携シンポジウム2019」に本校生徒26名が参加し研究発表を行いました。このシンポジウムは2009年から始まり,今年で11回目の開催です。本校は2012年から筑波大学との高大連携を始め,今回が8回目の参加となります。
 

今年度は「-若い力がスマートシティを牽引する-」というメインテ-マで開催され,本校からは2年生26名が参加し,第一部「最適化で地域課題を解決する」において,班別に研究発表を行いました。本校は,6月より筑波大学システム情報系社会工学域の教官及び大学院生の指導のもと地域課題への取り組みと研究を進めてきました。当日は,時間の関係で研究成果を,三つの班がPPTを使用しての口頭発表,他の三つの班がポスター発表の形で行いました。他に竜ヶ崎第一高等学校,豊島岡女子学園高等学校の生徒が研究発表を行いました。いずれの研究も,地域の課題を高校生らしいフレッシュな発想と視点で捉え,基本となる,論理的な思考,数理モデル,フィ-ルドワ-ク,データの解析により結果と考察を導くというひじょうに優れた内容でした。

    

本校各班の発表のタイトルと研究概要は以下のとおりです。
1班「郵便ポストの配置をうまく決めて投函コストを最小化」(ポスター発表)
利用者の視点から投函コストを最小に
2班「バス停の配置をうまく決めて移動距離を最小化」
高齢者の利用増加を促進するために移動距離を最小に
3班「市内のAED設置場所をうまく決めて移動距離を最小化」(ポスター発表)
最短時間でAEDの処置を施すために移動距離を最小に
4班「移動販売のルートをうまく決めて移動販売の移動時間を最小化 (ポスター発表)
販売者と利用者のための移動販売の効率化
5班「街灯の配置をうまく決めて街の明るさを最大化」
歩行者の視点からの安全のための街灯の配置
6班「避難経路をうまく決めて避難時間を最小化」
校内避難経路を再考して避難時間を最小に
第二部「デジタルスマートシティで地域を再生する」では,「道北再生計画」をテーマに北海道天塩高等学校,「つくばみらい市スマートシティ化計画」をテーマにつくば秀英高等学校が発表しました。いずれも斬新なアイデアで取り組んだ研究で,出席していた自治体関係者の方々も感心する素晴らしい発表でした。発表の後は,「若い力・リカレント力で令和を勝ち抜く」というテーマでトークショーが行われました。ステージ上の出席者からは,さまざまな意見や考えが述べられたいへん有意義な時間となりました。
参加した生徒の皆さんは,大学の研究とはどのようなものか,高校の勉強が将来どのように役に立つのか,大学で何を学ぶべきか, 将来どのような職業を選択したらよいかなど,この事業をとおして,たくさんのヒントを得られたのではないかと思います。また,当日は,筑波大学雙峰祭(学園祭)の最終日ということもあり,学生の充実したキャンパスライフに触れることもできたのではないかと思います。
Imagine the future
We shall go together
(筑波大学メッセージソング「IMAGINE THE FUTURE ~未来を想え」より)
 

カテゴリー: 学校行事, 研究・研修, 進路 | 2019.11.4 筑波大学高大連携シンポジウム2019 はコメントを受け付けていません。